TOPICS

高額買取で評判のおすすめロードバイク買取専門店7選 | 買取店それぞれの特徴

高額買取で評判のおすすめロードバイク買取専門店7選 | 買取店それぞれの特徴

高額買取で評判の、おすすめロードバイク買取専門店をお探しですか?この記事では、ロードバイク買取を専門で行なっているリードバイク買取専門店を徹底調査し、その中でも特にロードバイクを高額買取することで評判のロードバイク買取店を7つ選出。それぞれの特徴を紹介しています。

きっとあなたにぴったりのロードバイク買取業者が見つかるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

最近になって、リユース業界が非常に賑やかです。特にロードバイクの買取業界には様々な業者が誕生し、ロードバイクを売りたいと思っている人が悩んでしまうほど、買取業者は増えました。そこで今回は、老舗のロードバイク買取専門店から最近になってサービスを開始したロードバイク買取専門店に至るまでを徹底調査。その中でも、「ロードバイクを高額買取する」ことで特に評判のお店を7つ選出し、それぞれの特徴をまとめてみました。きっとあなたにぴったりのロードバイク買取業者が見つかるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

買取業界・リユース業界に精通し、商工会議所・自治体・各種団体等での講演やセミナーなどには年間120回以上登壇。その一方で清泉女学院短期大学の非常勤講師も務める。モットーは「ひたすら楽しく優しく分かりやすく」。買取業界に10年以上携わっている経験から、生活者に寄り添う視点が特徴。

ロードバイクに乗らなくなった。あるいは、新しいロードバイクに買い換える。そんな時は、今所有しているロードバイクが不要になります。しかし、そのロードバイク、ただ捨ててしまってはもったいないことをご存知ですか?ロードバイクは捨てると粗大ゴミの扱いになります。粗大ゴミは、自治体に回収してもらえば費用が発生してしまいます。

しかし、ロードバイク買取専門店に売れば、捨てる費用がかかるどころか、反対にお金が手に入ります。そうなんです。実はロードバイクは「売るところ次第」で、意外と高く売れるのです。

では、どこに売れば高く売れるのでしょう。答えは、ロードバイク買取専門店です。

この記事では、「なぜロードバイクを売却するならロードバイク買取専門店が良いのか」を解説しながら、「実際にどのロードバイク買取専門店がオススメなのか」を詳しく解説・紹介していきます。

───────────目次───────────

1.高額買取が期待できる7店舗のそれぞれの特徴

1-1.チャリストック

●店舗紹介

チャリストックは「買取価格No1」にとことんこだわる、ロードバイク買取専門店です。まずは高く買取る。話はそれから。それほどまで高価買取にこだわるロードバイク買取専門店です。

高額買取が実現できる要因としては、次の3つを挙げています。

  1. 徹底した市場調査
  2. 独自の販売ルートの確保
  3. 大きな店舗を設けず、在庫コスト・人件費をかけない

こうした地道な経営努力を買取価格に反映しているのが、ロードバイク買取専門店「チャリストック」の特徴です。

その上で、チャリストックは「手軽さ」を追求。とにかく「お客様の手を煩わせたくない」という想いでロードバイクを買取っており、ロードバイク高価買取までのステップはわずか3つにまで抑えています。

まず、①30秒で入力可能な「スピード見積フォーム」から査定依頼 → ②無料梱包キットが自宅に届くので、それを用いて梱包し、発送(送料はチャリストック負担) → ③高額即現金化 のわずか3ステップです。

ポイントは、「30秒で入力可能な”カンタン”見積フォーム」「無料の梱包キット、「高額即現金化」です。また、無料梱包キットの中には「最短でできる梱包マニュアル」も同封されており、女性でも手軽に梱包できると好評です。

公式サイトは非常に充実しており、ロードバイクのフィッティング方法やロードバイクの運搬方法、サイクルトレインなどについて詳細に紹介している記事や、ツール・ド・フランス物語などは非常に幅広い読者を多数獲得しています。

もちろん、ロードバイクを高く売るためのノウハウなどのコンテンツも揃っており、ロードバイクを売ろうかと悩んでいる人は必見です。

高額買取+手軽さをお求めの方にはオススメのロードバイク買取店です。

●特徴

対応地域 全国対応
買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取に対応
専門スタッフの有無 ロードバイク買取専門スタッフによる査定
見積もり申し込み WEB申し込み・電話申し込み可能
査定にかかる費用 無料査定・送料無料・梱包材無料
入金方法 買取代金の支払いは、通常、即銀行振込(出張買取は現金即日払い)
他店より提示額が安かった場合は? 再交渉が可能。

●一言で言うなら、こんな人にオススメ!

とにかく高額買取にこだわりたい。しかし、手間はかけたくない。そんな方には特にオススメです。

参考:チャリストック

1-2.バイチャリ

●店舗紹介

バイチャリはロードバイク買取専門店というより、自転車全般にわたる買取専門店です。国内最大規模の自転車買取店であり、買取業を営む際に必要となる古物商登録は、栃木県・茨城県・群馬県・埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・愛知県・岐阜県・大阪府・兵庫県・和歌山県・岡山県・香川県・高知県の15都道府県にて取得しています。

フランチャイズ事業を展開しており、2019年現在では全店舗黒字の上、前年比280%成長を達成。自転車買取専門店としては非常に利益をあげています。

WEBサイトはとても賑やかで、買取の流れや店舗情報などが詳細まで記載されています。また、キャンペーン情報も掲載されていて、通年キャンペーン「箱に詰めて送ってから、最短3日でお振込!」や、期間限定のキャンペーンなどの情報も入手できます。30秒でできる、簡単お試し査定の機能がついているのも嬉しい仕様です。

買取方法は、「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」の3つに対応。そして、出張買取は出張費無料、宅配買取なら買取額3万円以上なら送料無料、店頭買取なら交通費分を査定にプラスしています。

ロードバイクに限らず、スポーツ自転車全般および電動自転車、さらにパーツや用品など幅広い買取を実施しているバイチャリですが、何と言っても3台以上ならさらに査定をアップする企画があり、ロードバイクに限らず自転車を多数保有する人は必見です。

●特徴

対応地域 全国対応
買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取に対応
専門スタッフの有無 ロードバイク買取専門スタッフによる査定
見積もり申し込み WEB申し込み・電話申し込み可能、最短30秒のお試し査定
査定にかかる費用 無料査定・送料無料
入金方法 買取代金の支払いは、通常、即銀行振込(出張買取は現金即日払い)
他店より提示額が安かった場合は? 公式サイトでは再交渉に関する記述はありません。

●一言で言うなら、こんな人にオススメ!

ロードバイクだけでなく、自転車を3台以上一度に売りたい方にはオススメです。

1-3.バレイワークス

●店舗紹介

バレイワークスはロードバイクを筆頭に、ミニベロやクロスバイク、マウンテンバイク、ファットバイクなどの自転車買取を専門に行っている自転車買取専門店です。従業員は公式サイトによると4人。スタッフは多くありませんが、「高く買うなんて当然です」と謳っている通り、誠実・柔軟・迅速にこだわる対応には定評があります。

WEBサイトはとても見やすく、コンテンツも充実しています。

自社の査定方法や買取の流れにつていは非常に詳細まで記載されており、「Valley Works知恵袋」では、主にロードバイク初心者向けに、「ロードバイクの選び方」「ロードバイクを買う前の心構え」などのお役立ち情報も多くあります。

買取方法は、「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」の3つに対応しており、出張買取は出張費無料、宅配買取は送料無料です。お支払いについては銀行振込のみの対応です。出張買取の際にもその場での現金のお渡しは行なっておらず、店頭持ち込みも銀行振込となります。

なお、バレイワークスでは「LINE査定」も実施しており、友だち登録をするだけですぐに依頼可能となり、いつでもロードバイクの査定依頼が送れます。もちろん、メールと電話での査定依頼も実施していますが、火曜日は定休日です。電話での依頼の際は注意しましょう。

●特徴

対応地域 全国対応
買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取に対応
専門スタッフの有無 ロードバイク買取専門スタッフによる査定
見積もり申し込み WEB申し込み・電話申し込み可能、最短30秒のお試し査定
査定にかかる費用 無料査定・送料無料
入金方法 銀行振込のみ
他店より提示額が安かった場合は? 再交渉可能

●一言で言うなら、こんな人にオススメ!

LINE査定が導入されているので、LINEで査定を申し込みたい方にはオススメです。

1-4.クラウンギアーズ

●店舗紹介

クラウンギアーズはロードバイク買取専門店として、シュッピン株式会社が運営しています。そして、その運営会社のシュッピン株式会社は上場企業で、2012年に東京証券取引所東証マザーズ市場に上場しましたが、2015年には市場を変更。現在は東京証券取引所市場第一部に上場しています。

同社はカメラ買取事業からはじまり、自転車の買取事業は2008年に始めました。今はカメラやロードバイク以外にも、時計や筆記用具の買取も行っています。

WEBサイトは写真も多く、文字の大きさもメリハリがあり、見やすい仕様が特徴です。また、1箇所入力+3箇所選択するだけで予想買取価格がわかる「無料オンライン買取見積システム」が導入されており、とても使い勝手のよいサイトです。

買取方法は、出張費無料の「出張買取」、送料無用の「宅配買取」、そして「店頭買取」の3つに対応していますが、特に店頭買取に注力しており、スタイリッシュな店舗は非常に印象的です。

また、クラウンギアーズでは、あらかじめ買取金額が確定している「ワンプライス買取」を実施しています。一部のメーカーに関しては、付属品に欠品がなく、動作等に問題のないロードバイクなら、よほどのことがない限り減額されないので安心できます。

対応地域 全国対応
買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取に対応
専門スタッフの有無 ロードバイク買取専門スタッフによる査定
見積もり申し込み WEB申し込み・電話申し込み可能
査定にかかる費用 無料査定・送料無料
入金方法 銀行振込のみ
他店より提示額が安かった場合は? 公式サイトでは再交渉に関する記述はありません。

●一言で言うなら、こんな人にオススメ!

上場企業による安心感をお求めな方には特にオススメできる店舗です。

1-5.自転車高く売れるドットコム

●店舗紹介

自転車高く売れるドットコムは、東証マザーズに上場する株式会社マーケットエンタープライズが運営する買取店です。同社はロードバイクの他にも家電や楽器、カメラなどの買取店を展開しており、買取業界では総合的に見れば日本トップクラスの実績を誇ります。

年中無休の営業体制を敷いている上、電話がつながりやすいかどうかは公式サイトを見れば一目でわかります。また、ホームページに掲載されている情報量は非常に多く、買取対象自転車ごと(メーカー・モデル別)に買取概算価格の記載もある上、買取価格が60秒でわかるシステムも採用されています。

買取方法は、「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」の3つに対応しており、出張買取は出張費無料、宅配買取は送料無料、店頭買取では待機中はフリードリンク、といったおもてなしまで用意されています。店舗は仙台・埼玉・西東京・東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・福岡の9店舗あります。

最近では「スピード集荷サービス」という新しいメニューも用意され、無料査定に申込後、事前査定金額に納得できたら、最短当日のうちに自宅まで集荷に来てくれます。

公式サイトにはスタッフ紹介こそないものの、「お客さまの声」のページでは実際のご利用者の声が顔写真付きで公開されており、安心感が伝わるサイトです。

対応地域 全国対応
買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取に対応
専門スタッフの有無 ロードバイク買取専門スタッフによる査定
見積もり申し込み WEB申し込み・電話申し込み可能
査定にかかる費用 無料査定・送料無料
入金方法 銀行振込のみ
他店より提示額が安かった場合は? 再交渉は可能です。

●一言で言うなら、こんな人にオススメ!

急いでいるけど上場企業の安心感も欲しい方には、上場企業による最短当日に自宅まで来てくれる「スピード集荷サービス」があるのでオススメです。

1-6.リサマイ

●店舗紹介

リサマイは株式会社リサイクルマイスターが運営するロードバイク買取店舗です。同社は他にも、オーディオ買取の「オーディオサウンド」や、楽器買取の「中古楽器堂」、カメラ買取の「カメラのリサマイ」、テレビ買取の「テレビのリサマイ」、電動工具買取の「電動工具のリサマイ」、鉄道模型買取の「鉄道模型買取のリサマイ」、ゴルフ買取の「ゴルフのリサマイ」、釣り具買取の「釣り具買取のリサマイ」など、幅広い買取業を展開。その一方で、海外オークション委託販売やコンテナ輸出も行っています。

自転車のリサマイが買取るのは、ロードバイクを筆頭に、クロスバイク、ミニベロ、折りたたみ自転車、マウンテンバイク、BMX、ピストバイク、ヴィンテージ自転車、電動アシスト自転車、トライクなど幅広いのが特徴です。

WEBサイトは非常に見応えがあり、人脈の面からも、資金力の面からも、他社では真似できないコンテンツは魅力的です。例えばオリンピック出場の安原選手との対談、あるいは、2016年で更新は止まっていますが、同社専務のロードバイク放浪記は、誰が読んでも楽しめるコンテンツです。

買取方法は、「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」の3つに対応しており、出張買取は出張費無料、宅配買取は送料無料、そして、店頭買取を実施する店舗は全国に37店舗あり、そのネットワークを活かし、査定依頼から最短30分でお伺いすることも可能な点が同社の大きな強みの一つです。

対応地域 全国対応
買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取に対応
専門スタッフの有無 ロードバイク買取専門スタッフによる査定
見積もり申し込み WEB申し込み・電話申し込み可能
査定にかかる費用 無料査定・送料無料
入金方法 銀行振込
他店より提示額が安かった場合は? 公式サイトでは再交渉に関する記述はありません。

●一言で言うなら、こんな人にオススメ!

最短30分で来てくれるので、とにかく急いでいる人には特にオススメです。

1-7.自転車買取のサイパラ

●店舗紹介

自転車買取のサイパラは、サイクルパラダイスの自転車買取サービス部門です。同店舗を運営するのは、ベリーグッド株式会社。代表の金寛郎(きむ・ひろお)氏が趣味でスポーツ自転車に乗っていたことが同店創業のきっかけでした。

現在は製品開発部とリユース事業部の二つに分かれており、製品開発部では自社のオリジナル自転車や宝石のジュエリーなどを製造、リユース事業部ではカメラや電動ガン、ブランド品などの買取を行っております。

公式サイトは白と青を基調にしており非常に見やすく、自転車に関するトピックスも豊富です。また、スタッフ紹介のページもあり、担当者の顔写真もあるため安心感を覚えます。さらに、「30秒カンタン!査定フォーム」が実装されていて、今すぐ無料で愛車の価格がチェックできる点も嬉しいポイントです。

買取品目はロードバイクを筆頭に、ミニベロ、クロスバイク、ピストバイク、マウンテンバイク、TTバイク、電動自転車、BMXシクロクロスなど幅広く、買取方法は、「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」の3つに対応。出張買取は出張費無料、宅配買取は送料無料、そして、全国4店舗で実施されている店頭買取に至っては、交通費として最大1万円のキャッシュバックも用意されています。

対応地域 全国対応
買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取に対応
専門スタッフの有無 ロードバイク買取専門スタッフによる査定
見積もり申し込み WEB申し込み・電話申し込み可能
査定にかかる費用 無料査定・送料無料
入金方法 銀行振込
他店より提示額が安かった場合は? 公式サイトでは再交渉に関する記述はありません。

●一言で言うなら、こんな人にオススメ!

店頭買取なら最大1万円のキャッシュバックがあるので、店舗に近いところにお住いの方には特にオススメです。

1-8.まとめ

「チャリストック」「バイチャリ」「バレイワークス」「クラウンギアーズ」「自転車高く売れるドットコム」「リサマイ」「サイパラ」は、いずれもロードバイク買取専門店、あるいは自転車買取専門店で、初めてロードバイクや自転車を売ろうとしている方にも安心してお取引ができると思われます。

ただ、どのお店も差別化を図っており、それそれぞれの買取店にはそれぞれの特徴があります。
ですから、買取業者に何を求めているかによって、オススメできる買取店舗は異なります。

チャリストック とにかく「高く」「手間をかけず」売りたいとお考えの方には特にオススメです。
バイチャリ ロードバイクに限らず、自転車を3台以上一度に売ると査定額がアップされます。そのため、多くの自転車を売ろうとする方には特にオススメです。
バレイワークス LINE査定が導入されています。LINEで査定を申し込みたい方には特にオススメです。
クラウンギアーズ 東証一部上場の企業が運営しています。とにかく安心感をお求めな方には特にオススメです。
自転車高く売れるドットコム 急いでいるけど、上場企業の安心感も欲しい。そんな方には、最短で当日に自宅まで来てくれる「スピード集荷サービス」を提供する、上場企業の自転車高く売れるドットコムが特にオススメです。
リサマイ 最短30分!とにかく急いでいる人には特にオススメです。
サイパラ 店頭買取なら最大1万円のキャッシュバックがあります。全国4店舗あるので、お店に近いところにお住いの方には特にオススメです。

ちなみに、上記7店舗はすべて宅配買取・出張買取・店頭買取に対応し、買取代金の支払いもあまり時間を要しないようです。また、基本的には査定見積時の送料は無料、受付は電話とWEBの両方対応、という点も特徴です。

2.買取業者はココを見て決めよう!買取業者の選び方

ロードバイクを売るなら、なぜロードバイク、あるいは自転車専門の買取業者がよいのでしょう。また、その中でも買取業者はどのように選べば良いのでしょう。この章ではその二点を重点的に解説します。

2-1.専門店に依頼するべき理由

ロードバイクは買取専門店でなければ高く売れる可能性が低くなります。ロードバイク買取専門店だからこそできることがありますし、専門店でなければできないこともあるからです。

例えば、ロードバイクの買取には正しいロードバイクに対する知識は相当必要です。ほとんど知識のない人が、そのロードバイクがいくらほどの価値があるかなどわかるはずがないからです。ですから、ロードバイク買取専門店はみな、ロードバイクに対する造詣が深く、ロードバイクを愛しています。

もちろん、ロードバイク買取専門店はロードバイクの取り扱いはもちろん、買取にも慣れています。間違いなく気持ちの良い、スムーズな取引が期待できることでしょう。

2-2.個人間で売買を行うときのデメリット

最近はインターネットやSNSなどが日常生活に浸透し、個人間の売買は以前よりも非常に身近になりました。とても便利な世の中になったと思います。

しかし、小型商品や比較的安価な物の取引なら、個人間の売買も結構でしょう。しかし、ロードバイクは高級品です。高級品はやはり、相手がどんな人かしっかりと把握できなければ取引リスクは高く危険です。

さらに、昨今の運送業界を取り巻く環境は激変しており、配送の手配は非常に難しくなりました。その点に鑑みても、ロードバイクを売るならロードバイク買取専門店をお勧めします。

また、一言で「ロードバイク」と言っても、トレック、コルナゴ 、ピナレロ、フェルトなど様々なブランドがあり、そのブランドの中にも、数多くのモデルが存在します。また、同モデルでも年代によって変わります。ですから、あなたが売りたいと考えているロードバイクを求めている人に会うのは至難の技です。売りたいと思っても、そう簡単には買い手は見つかりません。

他方、ロードバイク買取専門店はそれぞれ独自の販売ルートを確保していますから、どんなモデルを買取っても、必ず買い手が見つけられます。そうした理由もあって、ロードバイクを個人間で売買するのは控えた方がよろしいでしょう。

2-3.リサイクルショップで買い取ってもらうことのデメリット

リサイクルショップはとても優秀です。持ち込んだもののほとんどは、きっと引き取ってもらえることでしょう。しかし、あなたが望むことは「引き取ってもらうこと」ではないはずです。「高く買い取ってもらうこと」なはずです。したがって、リサイクルショップへの持ち込みはお勧めできません。リサイクルショップにはロードバイクに詳しいスタッフはたいてい在籍しておらず、高値で買い取ってもらえる可能性が低いからです。

ロードバイクを正しく査定するには、ロードバイクや自転車について詳しくなければなりません。こうした理由から、あなたのロードバイクが高級であればあるほどリサイクルショップへの売却は控えるべき、という結論に至るのです。

2-4.ロードバイク買取店を選ぶ際に確認すべき7つのこと

とても当たり前のことですが、取引する際に取引先を選ぶことは何よりも重要です。もちろん、ロードバイクの買取でも同じです。買取店が変われば、買取価格も大きく変わります。

ですから、ロードバイクを高く買い取ってもらうため、ロードバイクを売却する前に確認したい7つのポイントを以下にまとめました。ぜひ参考にしてください。

1.会社概要の確認 まずは買取業者についての確認です。確認方法はWEBサイトが手軽なのでオススメです。その際、最初にご覧いただきたいのが会社概要のページです。買取業者は本社または店舗所在地の都道府県にて、古物商の許可が必要です。そのため、まずは「店舗所在地において古物商許可番号を取得しているか」をチェックしましょう。ちなみに、古物商許可番号は、WEBサイトのトップページには必ず記載してありますす。
2.ロードバイクの買取実績の確認 どの買取業者が最も高く買い取ってくれるか。その判断材料の一つに、買取実績があります。買取実績が豊富な店舗は、買取価格が高い傾向にあります。ですから、WEBサイトにおける買取実績のページの確認は非常に重要です。買取実績のページをチェックする時のポイントは2つです。「買取実績は最近のものなのか」と「買取金額の有無」です。この2点を意識して買取実績のページを見れば、おおよそのことはわかるでしょう。
3.買取システムの確認 ロードバイク買取業界においては、ほとんどは出張買取・宅配買取・店頭買取の3つの買取システムを完備しています。しかし、中には宅配買取に対応していない業者もあります。宅配買取は自分で梱包するので少し手間がかかります。しかし、出張買取や店頭買取と違い、買取業者は誰にも気兼ねなく、しっかりと査定できるので非常にお勧めの買取システムです。時折、「買取業者を自宅に呼んで出張査定してもらったら、すぐに見積もり結果が出た」という話を聞きますが、ロードバイクはモデル名が同じでも年代が異なれば金額が変わるものもありますし、細かいパーツ部分も査定対象です。したがって、見落としなどにより安く見積もられないためにも、じっくり査定してもらえる宅配買取はオススメです。 *ちなみに、出張買取・店頭買取の全てが安く見積もられるわけではありません。あくまで一例です。買取金額は、最終的には買取業者次第です。
4.見積・送料は無料か ロードバイク買取業界では、ほとんどが査定見積は無料です。しかし、すべてのロードバイク買取店舗が無料で対応しているとは限りません。宅配買取をお望みの場合は、次の3点が無料なのかを必ず確認してから依頼しましょう。
a)査定が無料か
一般的には、ロードバイクの買取査定は無料ですが、日本にある全店舗が無料で査定してくれるとは断言できません。後悔先に立たず、です。査定が無料なのかはあらかじめ確認しておきましょう。
b)送料は無料か
ほとんどのロードバイク買取店舗は、宅配買取の際の送料は無料です。しかし、こちらも念のため、送料は確かに無料なのか、あらかじめ確認しておきましょう。
c)梱包材は無料か
宅配買取では梱包材が必要になりますが、その費用は誰が負担するかは前もって確認しておきましょう。買取業者が梱包材を郵送してくれるケースもありますし、梱包材購入にかかったレシートを添付して払い戻してもらうケースなどがあります。いずれにせよ、多くの買取業者は梱包費用を実質的に負担していますが、全ての店がそうとは限りません。前もって確認するようにしましょう。
5.対応は丁寧だろうか 丁寧な対応ができない業者が、丁寧な仕事ができるはずがありません。ロードバイク買取においては、見るべき点がいくつもあり、丁寧な査定が強く求められます。したがって、丁寧な対応ができない買取業者は、買取価格が低い傾向にあります。対応の良し悪しは、査定見積もりをした際のメールでわかります。どこか機械的だな。あるいは、あいさつもなく文章が非常に短い、などの買取店には注意した方がよいかもしれません。
6.口コミや評判の確認 おおよそのことはホームページを見ればわかります。しかし、ホームページの情報はあくまで一方的な情報ですから、すべてを判断するには危険です。そこで、ホームページの情報だけではなく、口コミや評判などからも情報は仕入れるようにしましょう。「店舗名 評判」などで検索すると公正な評価の情報が得られます。ぜひ試してみてください。
ロードバイク買取「専門店」か ロードバイクを高く売るには、ロードバイク買取専門店であるか否かが非常に重要です。公式ホームページなどで必ず詳しく確認しましょう。

3.ロードバイクを少しでも高く売却する5つのポイント

同じロードバイクでも、状態などによって買取金額は上下します。ここでは、ロードバイクを少しでも高く売却するために抑えておきたい5つのポイントを紹介します。

1.自転車防犯登録の抹消 自転車には防犯登録が義務付けられており、ロードバイクも同様で、すべてのロードバイクは防犯登録されています。そして、防犯登録の解除方法は都道府県ごとに異なり、所有者しか解除できない地域もあります。そのため、防犯登録を解除していないと、買取店によっては買取自体に難色を示す場合があります。もちろん、地域によっては買取業者などの第三者(委任者)が解除できる場合もあります。しかし、防犯上の観点および個人情報等の問題から、近年は所有者しか解除できないような雰囲気が強まっています。ロードバイクを売る際には、必ず防犯登録の解除を行いましょう(ちなみに、防犯登録をしていないと、買取価格が下がる場合もあります)。
2.売却予定のロードバイクについて下調べする 買取業者にロードバイクの査定を申し込む際には、売却予定のロードバイクの基本情報は必ず聞かれます。そのため「メーカー」「型番」の確認は必須です。また、併せて「製造年月日」や「新品価格」の調査もしておきましょう。査定を円滑に進めることができる上、買取価格の相場が調べられられるからです。査定前に相場を把握していれば、買取業者に提示された買取価格が高いの低いのか、その基準を設定することができます。なお、ネット上に相場の情報がない場合は、2~3社の買取業者に見積もりを依頼してみましょう。相見積は手間がかかりますが、どの買取業者が一番高く売れるか、参考になります。ちなみに、「正常に動作するか」「購入時期」「外観の破損やサビ」「保証期間は残っているか」なども査定に影響します。あらかじめ調べておくことをお勧めします。
3.パーツについて ロードバイクは経年により買取価格が下がる傾向にあります。しかし、年式が古くてもレアなパーツ(ヴィンテージパーツ)が入っていれば、通常価格より高額で買取ってもらえる可能性があります。パーツに関してあまり知識がなくても、インターネットで調べることも可能です。詳しい査定は業者に任せてもよいですが、見逃されて安く買い取られないためにも、ヴィンテージパーツなどレアなパーツがある場合はその点をしっかりとアピールをしましょう。
4.新品の状態に近づける ロードバイクの買取価格が最も高いのは、新品の状態です。ですから、高値で買い取ってもらうためには、以下の3点に注意する必要があります。
a)付属品の有無
買取業者はあなたのロードバイクを買取ったら、独自のルートでそのロードバイクを販売します。その際、確かな物の方が売りやすいので、説明書や付属品はあった方がよいでしょう。
b)清掃およびメンテナンス
いくら高価なロードバイクでも、汚れていては価値が下がる場合があります。また、汚れは故障の原因にもなります。買取業者に査定依頼を出す前には、しっかりクリーニングをしておきましょう。ハンドル部分は汚れが溜まりやすい部分です。重点的にクリーニングをしておくとよいでしょう。サビなどについても、一定程度は自分で綺麗にすることができます。買取業者によってはクリーニングの手間が省ければ、その分買取額を上乗せするケースもあります。特にクランクなどの細かい部分は、動作がスムーズかどうかはとても重要なポイントになります。高く買い取ってもらうためにも、少しだけ手間暇をかけてクリーニングやメンテナンスをしてあげましょう。
c)梱包
せっかくサビ取りしたりクリーニングしたりしても、買取業者への配送中にキズや汚れが発生してしまっては本末転倒です。梱包には十分気を使いましょう。買取業者によっては宅配買取用の自転車梱包キットを無料で用意しているところもあります。そうした業者に依頼すれば、輸送時の事故リスクは相当軽減できるでしょう。
5.買取上限価格は、あくまでも目安 最初の査定での見積価格は、まだ商品の検品をしていない段階での見積価格であって、あくまで買取上限価格です。一般的には買取上限金価格は未使用、あるいは美品などの状態を想定して設定されています。そのため、中古品は査定価格より減額されてしまう可能性があります。したがって、どの買取業者に買取ってもらうかは、買取上限価格だけで判断せず、実際はいくらで売れるのか、検品結果を待ってから判断しましょう。

高額売却が期待できるロードバイクのメーカー

以下に高額売却が期待できるブロードバイクのブランド・メーカーの例を並べてみました。該当するものが家の中で眠っていたら、高く売れる可能性があります。ぜひ買取査定に出してみましょう。

a)ロードバイク

あ行
ANCHOR(アンカー)、ORBEA(オルベア)、WILIER(ウィリエール)

か行
COLNAGO(コルナゴ)、CANNONDALE(キャノンデール)、KUOTA(クォータ)、CANYON(キャニオン)

さ行
Specialized(スぺシャライズド)、CEEPO(シーポ)、CERVELO(サーベロ)、GIANT(ジャイアント)

た行
CINELLI(チネリ)、TREK(トレック)、DE ROSA(デローサ、デローザ)、TIME(タイム)

は行
PINARELLO(ピナレロ)、BIANCHI(ビアンキ)、BMC(ビーエムシー)

ま行
MERIDA(メリダ)

ら行
LOOK(ルック)、LEADER BIKE(リーダーバイク)、RIDLEY(リドレー)

b)クロスバイク・マウンテンバイク・ファットバイク・シクロクロス・ミニベロ

あ行
ANCHOR(アンカー)、ORBEA(オルベア)、ALEX MOULTON(アレックスモールトン)

か行
COLNAGO(コルナゴ)、CANNONDALE(キャノンデール)、KLEIN(クライン)、CANNONDALE(キャノンデール)、KONA(コナ)

さ行
GIANT(ジャイアント)、GIOS(ジオス)、Specialized(スぺシャライズド)、GT(ジーティー)、SCOTT(スコット)

た行
TREK(トレック)、DAHON(ダホン)、TYRELL(タイレル)

は行
BIANCHI(ビアンキ)、PINARELLO(ピナレロ)、BRIDGESTONE MOULTON(ブリジストンモールトン)、BROMPTON(ブロンプトン)、BRUNO(ブルーノ)

ま行
MERIDA(メリダ)

ら行
LOUIS GARNEAU(ルイガノ)、R&M(リーズアンドミューラー)

c)パーツ(五十音順)
EASTON(イーストン)、ENVE(エンヴィ)、Campagnolo(カンパニョーロ)、SHIMANO(シマノ)、SHIMANO PRO(シマノ プロ)、ZIPP(ジップ)、SRAM(スラム)、TOPEAK(トピーク)、PARK TOOL(パークツール)、FFWD(ファストフォワード)、FULCRUM(フルクラム)、HED(ヘッド)、Bontrager(ボントレガー)、HOZAN(ホーザン)、MAVIC(マビック)、MINOURA(ミノウラ)、Lightweight(ライトウェイト)

4.まとめ

ロードバイクを高く売りたい。
そんな時は必ず、ロードバイク買取「専門店」に依頼しましょう。

ロードバイクはただの自転車ではありません。知っている人が見れば、非常に高く買い取る代物です。ですから、ロードバイクを売りたいと思ったら、ロードバイク買取「専門店」に売るべきです。

ちなみに、この記事で紹介した7店舗は、ロードバイク買取店として間違いない対応が期待できるお店ばかりです。ロードバイクを売ろうと思った時は、ぜひ査定に出してみてください。

ロードバイクは時間が経つほど買取価値が安くなる傾向があります。『売ろうかな?』そう思った瞬間こそが最高値で売れるタイミングです。売ったお金を買い替えに充てることができるメリットも考慮し、一度ロードバイクの買取依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

売ろうかな? そう思った瞬間こそが最高値での売り時です。

ロードバイクは時間が経つほど買取価値が安くなる傾向があります。『売ろうかな?』そう思った瞬間こそが最高値で売れるタイミングです。 ぜひロードバイク買取専門店「チャリストック」にお任せください!